医療と介護の連携不足が問題になっています。つまり、主治医の意見を十分に把握しないまま介護サービスが行われ、主治医はどのような介護サービスを受けているのかを十分に理解していないことがあります。特に認知症の人は症状や状況をうまく伝えられないことが多いので、治療や介護をして行く上では残念なことです。このような状況を改善するために、医療法人FLATSでは、ヒルサイドクリニックと認知症対応型デイサービスbirdの情報を電子カルテで共有しています。診察だけではわからない、デイサービスでのご利用者様の様子を参考にして治療が行えるシステムになっています。

介護情報サービス神奈川のページ、現在の空き情報に関してはこちらをご覧ください。